ナルト(NARUTO)に、いまごろハマッてしまったアナタのために。コミック巻ノ1からレビュー!
 
<< 検索エンジン | main | ナルト・大人のレビュー【巻ノニ】 死闘 >>

スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2006.10.17 Tuesday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |

ナルト・大人のレビュー【巻ノ一】 ナルトの秘密

ナルト(NARUTO)大人のレビュー巻ノ1「うずまきナルト」だと〜?なんじゃそりゃ〜

こんなふざけた名前のガキが主人公だなんて、どーせくだらない、ガキンチョ漫画だろ!少年ジャンプだかに掲載されてて、すくなくとも大人が読めるシロモノじゃない、と僕は信じて疑わなかった。

おもにビジネス書が目的でたまに古本屋に行くのだが、たまたま「バガボンド」を読んでしまったら、そのまま90分、立ちっぱなしで5巻まで一気に読んでしまい、しばらくの間はなれていた漫画のおもしろさが、僕の中に久々に蘇りつつあった。

そんなとき、「くだらない」と決め付けてたNARUTO(ナルト)を、「一回くらい読んどいてやるか」程度に目についたままに手にして・・・「おもしろいじゃーん!」そこには、ギュンギュンと引き込まれていく僕がいた!

ナルトがガキンチョ慢画だなんて、とんでもなかった。絵はたしかに子供向きっぽいが、不意を衝く、思いもよらない瞬間的な展開、命がけで戦う忍びたちの凄惨な戦いが、実に独創的かつリアルに、そしてコミカルなエッセンスで描かれている。

ナルト、サクラ、サスケ、カカシ先生・・・登場人物たちのキャラも楽しい。ドキッとするような真剣勝負と、コミカルな描写のコントラストが、読むものをぐいぐいと引き込んでゆく。こんなものを子供が読まされたら、そりゃーイチコロだわ〜

どこかの世界の忍者学校。

第1巻では、ナルトの秘密が語られる。その秘密ゆえに、村人からは疎まれ、ナルトは幼い頃から独りぼっちで生きてきた。また、その秘密ゆえに、命を狙われる。それをボロボロになりながら命がけで救おうとする、イルカ先生。イルカ先生こそ、ナルトの秘密ゆえに親を失ったという過去を持つが、秘密の真実を知り、ナルトのよき理解者。ときどき、ナルトを”一楽”に連れて行き、ラーメンをおごってやる。

さっそく第1巻から、メインの4人が顔をあわせる。忍者学校の生徒ナルト、サクラ、サスケ、そしてカカシ先生。この手の慢画の主人公によくありがちな、落ちこぼれパワフル単細胞ヒーローのナルトは、サクラが好き。サクラのキャラもコミカルで、単細胞のナルトがきらいで、クールな一匹狼サスケが好き。忍びの有名な一族であるサスケは復讐に燃えるエリートで、落ちこぼれナルトや、まとわりつくサクラを邪魔者扱い。

このナルト、サクラ、サスケの3人が下級忍者試験で、同じ班となる。この班を受け持ったのが、実はそのスジでは名のとおった、上級忍者の資格をもつ、なぞの多いカカシ先生

カカシ先生が持つ鈴を奪えるか・・・これが下忍試験の合格条件。しかも鈴は2つ、ひとりは必ず落第が決まっている。「手裏剣でもなんでも使っていい。鈴を奪いたければ、オレを殺す気でかかれ」あらゆる手と武器をつかい、全力でカカシ先生に挑むが、全く歯がたたない3人。しかも、鈴は2個しかない。これまで一人も合格させたことがないという、カカシ先生の下忍試験。この「試験」の答えはなにか。

激しくもコミカルな4人の戦いから目が離せない。

人気blogランキングへナルトランキング

死闘 ナルト・大人のレビュー【巻ノニ】へ

【2006.09.08 Friday 00:22】 author : リアルベア
| ナルト(NARUTO)大人のレビュー | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

【2006.10.17 Tuesday 00:22】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naruto-review.jugem.jp/trackback/5
トラックバック

スポンサードリンク

--> SEO|SEO対策 SEO対策でアクセスアップ